スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸能人の騒動

仁科仁美の子供の夫が合コンで話したことが週刊誌女性自身に

仁科仁美さんの子供の父親であるエー・ピーカンパニーの
米山久社長さんの普段の生活が表に出てくるようになりましたが、
合コンで責任を取りたくないんだ。この人でいいのかなって思っちゃう。
結婚したくない!なあ、ちょっと俺と付き合ってみようよなど
話していたと報じられていました。

もしこれを男性に言っていたらまだ仁科仁美さんも
よかったのかもしれませんが、
同性で相手の好みの女性に話されたというのは
ショックだったのではないでしょうかね。


エー・ピーカンパニーのホームページを見たことが
ありますが宮崎県や東北などの食材を使ったり地域へ貢献
するような他人思いの会社にも見えました。

その会社の方針を見ると報じられた米山久さんの言動は
かけ離れているようなので少し驚きですね。


会社社長となれば世間の目も気になりそうですし、
注目されないよう芸能人とは噂にならないようにするか、
噂になった後は良い人でいるかどちらかになりそうですが。











スポンサーサイト

芸能人の騒動

スザンヌと斉藤和巳が離婚、最近まで円満そうにしていた

スザンヌさんと斉藤和巳さんが離婚したそうですね。

子供はほぼ生まれたばかりのようなものなので驚きました。

1週間ほど前に不仲とかいう話が出ていました。

第二の辻希美作戦も不発、ママタレ枠にしがみつくスザンヌの悲しい現実という記事がアサヒ芸能から出ていましたが、本気にはしていませんでした。

プロゴルファー・上田桃子さんと不倫報道が出たり夫婦関係は悪かったそうですね。

しかし良いママとして活動するために夫婦円満をアピールしてくると思いますよという芸能関係者の話がでていただけにこんなに早くに離婚とは思いませんでした。

スザンヌさんは福岡の番組に出るなど福岡での仕事も多かったようですし、そういう中で福岡と東京の別々の生活が原因とか距離が問題だったと言うとその土地に住んでいる人は気分は良くないでしょうね。

単身赴任の家庭も少なくはなく、良い関係を維持したり、なんとかうまくやっている家庭もあるのですし。

福岡の番組では九州の名所を歩き、縁結びの場所も行き昔そこへ斉藤和巳さんと訪れて結婚できた思い出の地と話し、今でも仲が良いというような雰囲気を出していたと聞きました。

以前スザンヌさんがイベントで夫が子供の世話をあまりしてくれないと話していたので、そういう話はしても大丈夫なのかと気になってはいました。

ヤフーニュースのコメントでも斉藤和巳さんは離婚歴もありそういう感じの人なんだろうと批判的なものも多かったので、
斉藤和巳さんが世間から責められた可能性もあり、家に帰って何で言うんだ、言うななど言い争いになったのでは
ないかと気になっていましたが。

斉藤和巳さんは⚾選手としてはチームメイトに恩を感じたり、自分が引っ張るんだという責任感の強い人柄でしたが、私生活ではミーハーのようでモーニング娘ファン、上戸彩さんのファンなど好きなタレントや好みは頻繁に変わるようでした。

上田桃子さんとの関係は分かりませんが、どうやら上田桃子さんはプロ野球選手は好きなようですね。







スザンヌ本



芸能人の騒動

真面目そうな中垣内祐一 20代OLと「ラブホ」不倫

元日本代表バレーぼる選手が不倫騒動。

中垣内祐一 20代OLと「ラブホ」不倫。

エースアタッカーとして活躍していましたが、アゴが特徴的なもののクールな顔立ちは、40代になってもモテるのか。

週刊誌によると。

7月中旬のある朝8時に大阪府堺市の駐車場で、バレーボール全日本男子の中垣内祐一コーチ(44)が、人を待っていた。

その彼のもとへやってきたのは、神田うのに似た若い美人。

彼女は中垣内の運転する車に乗り込んだ。

中河内は’90年代、全日本日本代表のエースとして活躍。

昨年からは全日本コーチに就任した「ミスター男子バレー」。

私生活では’93年、26歳のときに2歳年下の夫人と結婚。

2人の娘がいる。




2人が乗った車は途中で堺ブレイザーズの酒井新悟監督(42)を拾い、奈良県内のゴルフ場へ。

プレー中、女性はキャッキャッと中垣内に駆け寄るなど、親しくしていた。

6時間後にラウンドを終え、3人を乗せた車が堺市内に帰ってきたのは午後6時ごろ。

女性が運転する車に乗り換え、中垣内の自宅からほど近い焼き鳥店へと向かった。

一行が店を出たのは3時間後。

酒井監督とはその場で別れる。

すると午後9時過ぎに2人は車で一目散、ネオンが光るラブホテルへと消えた。



それから2時間後、夜11時に中垣内を自宅近くまで送り届けて別れた。

「お相手は大阪に住む20代後半のOLのA子さん。中垣内とは共通の知人から紹介されて、知り合ったそうだ」(バレーボール関係者)

目撃されたのは今回が初めてではない。

ロンドン五輪の最後の切符を争う世界最終予選の最終日(6月10日)、試合前に全日本の宿舎である都内のホテルへ消えていく中垣内が。

そして、1時間半後にA子さんも同じく消えていったのだ。

翌日も2人は滞在していたらしく、夕方にA子さんが食料の買い出しに行く姿が。

中河内にとって世界最終予選は、家族と暮らす大阪ではできない「お泊りデート」の機会でしかなかったのか。

こんなことでは男子がロンドンへの切符を逃したのも仕方ないのかも――。

「ゴルフ→ラブホ不倫」の翌日に自宅前で中垣内に直接取材した。

女性との関係を訪ねると「お友達ですよ、ただの」と答えたが、「お友達とあのような所へ?」と訊くと「……そうですね」と言って遠くを見つめた後、ふっと溜息をつきこう語った。

「子供もいますし、人の道に外れた軽率なことをしたのは事実です。そういったことが許される立場じゃないですから……。僕はこれで仕事も失いますし、監督としての芽もなくなるわけです。いろんな人に迷惑がかかるのが申し訳ないです……」

妻帯者である中垣内がバレーボール関係者に彼女とか不倫浮気相手と紹介しそうにないので、彼女が付き合っているとか言ったのですかね。

芸能人の騒動

離婚問題、仁科克基と多岐川華子の

松方弘樹と仁科亜季子の長男・仁科克基(29)、多岐川裕美の娘・多岐川華子(23)が離婚協議中だが、解決の糸口が見えないという。

「2人はお坊ちゃまとお嬢様。“金持ちケンカせず”であっさり解決するかと思ったら大違い。華子は克基の不貞を訴え、克基が真っ向から反論している。しばらく平行線が続きそう」(関係者)

なんでも子供同士の揉め事に留まらず、亜季子VS.裕美の親のケンカとなりつつあるとか。

克基は一本30万円の釣竿買ったとか、キャバクラで豪遊しているとかいう話が出ていました。

そんな大物タレント並の振る舞いができるほど、稼いでいるのかと驚きますね。





仁科克基を見かけることはほとんどない気が。

また小さい頃から松方弘樹もかわいがり、欲しいものは買い与え、子供に相応ではない高額なものも買ってあげていたとか。

シドのたこやきCM 

斉藤慶子の再婚と親族 ランキング



芸能人の騒動

デヴィ「売られたケンカは買いましょう!私は逆告訴します!」

「売られたケンカは買いましょう!私は逆告訴します!」

大津市のいじめ自殺問題に触れ、「とんでもないのが母親」と個人名を記載し、母親が発したとする言動を紹介した上で「この親にしてこの子ありとは、まさにこの事」と憤慨。

無関係の女性の写真も掲載し、あたかもこの女性が母親と受け止められるような構成だった。


「“まだ提訴されていない”にも関わらず、大きな見出しで、当事者と弁護士しか知らない内容が出されました。これは明らかに先方当事者がリークしたことが明白です」



「私にとって大損害、名誉毀損となり私の娘とご主人、孫にも甚大な被害が被られます。○○氏(原文は個人名)側は有名人である私を新聞社にタレこみ、結果がどうなることか周知してやった行為は許せません!」

女性側および一部メディアの名をあげて「逆提訴・逆告訴致します」

私の娘とご主人、孫にも甚大な被害が被られますと言うところはむしろ最初にデヴィ夫人がやったことですし、自分がやっておいて謝罪も拒否して自分だけは被害者っぽく振舞うのもなんかめちゃくちゃですね。


しかも普段からテレビでは確か叶姉妹はサイボークだとか、人の中傷をよくしている気がしますが。


典型的な自分はやっても許されるけど、人がやるのは許せないと思うタイプなのでしょうね。


自分は公式ブログがあるから主張できるけれども相手はないですからね。


ブログもアメーバ側が削減要請をデヴィにしたけれども拒み続け、イニシャルに書き換えられたことに怒っていたとか。

提訴前から因縁のある騒動ではあったみたいですね。


勘違いしても謝らない人を扱うのは周囲も大変でしょうね。


論点であるデヴィの誤認記事そのものについては触れていませんね。


プロフィール

pannnakopp

Author:pannnakopp
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。