スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その他

押尾学の医師

押尾学の証人の医師が登場しましたが、助かった例はないといいながらも生存率は40%と思った以上に高い?と思いました。

40%の生存率の件でも助かった例はなかなかないものなのですね。

検察側が救急隊員しか呼べなかったのは生存の確率は高いと証明できる医師がいないからなのでしょうかね?

押尾学に過失がなければ救急車を呼ぶという行動もためらう事件事故というのが増えるのかもしれませんが。

Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

pannnakopp

Author:pannnakopp
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。